火災保険の契約期間が、最長5年に短縮の見通し!いつから始まる?

賃貸管理

住宅向け火災保険の保険料はここ数年値上げが続いています。最近も、2021年1月に保険料が値上げされたばかり。。。そして2022年度には、火災保険の契約期間が「最長10年から5年に短縮」されることがこの度決まってしまいました。対象は2022年10月以降に契約する保険です。

保険料は契約期間が長ければ長いほど割安になるため、今回の決定で実質的な値上げとなってしまったといってもいいでしょう。

今回はそんな火災保険の値上についての解説と我々大家ができることについて記事にまとめたいと思います。

火災保険とは??

そもそも火災保険とは、万一の災害に備えて加入しておくべきもの。マイホームを購入した人ばかりでなく、賃貸住宅に入居している場合でも加入が義務づけられていることが多いです。そして我々大家にとっても、非常に身近な保険商品の一つです。補償範囲も広く、「火災」「風災」「水災」をはじめ、「水濡れ」「破損・盗難」などオプションも様々付けることができます。

その火災保険は、2019年10月、そして2021年1月と、2年度連続でそれぞれ5%ずつ程度の値上げが続いています。

やはり最近の自然災害の頻発により保険金の支払い額が増加し、損保各社の収支が厳しくなっていることが原因となっています。自然災害による保険金の支払い件数はここ十数年で、大きく増えており、保険金の支払い額は毎年1000億円を大きく超えており、2018年度にはついに1兆円を超えて1兆3578億円となってしまいました。

なぜ、最長契約期間を短縮するのか?短縮になるのはいつから?

 このように、火災保険の保険料は値上げを続けているにもかかわらず、「保険期間を最長10年から5年に短縮する」という話が出てきたのは、なぜだろうか。

 むかーしむかし火災保険は、住宅ローンの借入期間と同様に、最長36年の契約ができました。しかし2015年10月以降、火災保険の契約期間は、最長36年から10年に短縮されてしまいました。これは、近年の自然災害の多発により、36年もの長期契約だと損保各社が対応しきれない状況になったからです。最長契約期間を10年までに短縮したにもかかわらず、想定する以上の自然災害の被害が毎年のように発生したために値上げが続いている状況で、今回さらに10年の契約期間を5年にさらに短縮する、ということになってしまいました。

 損害保険料率算出機構が契約期間を最長10年から5年に変更すれば、損保各社もそれに向けて検討すると思います。やらないという選択を取る会社はないと思いますし、各社2022年10月以降の契約を対象に契約期間を5年とすることでしょう。

最長契約期間が短縮されると、どんな影響があるのか

契約更新の頻度が上がると、保険料の値上げが反映されやすくなってしまいます。

かつては36年間、そして2015年以降は10年間、同じ額の保険料を払っていればよかったのですが、これからは少なくとも5年単位で契約を更新する必要が出てきてしまいました。そうなると、値上げされた新しい保険料を適用することになってしまいます。その契約更新スパンが、これまで以上に短くなるということになります。

契約期間が短縮される前に「最長10年」で契約しなおそう!

今回の保険契約期間の短縮は我々大家にとっては、コスト増になってしまう話ですが、泣き言をいっていてもしょうがないです。与えられたカードの中で最善の手を尽くせるように頑張りましょう。

損害保険会社は大家業をやっている我々の心強いパートナーです。彼らにつぶれてもらっては困ってしまうのもまた真実ですのでここは踏ん張りましょう!

そこで、事実上の値上げに対抗したいのであれば、最長の契約期間が5年に切り替わる直前に、いま加入中の火災保険を解約し新たに10年の長期契約で保険に入り直すことが一つの方策になります。こうすれば、10年間契約の長期割引も受けられ、保険料の値上がり時にも、10年間は差額を払う必要なく補償が維持されます。

まとめ 

火災保険の契約期間が短くなることで、契約者にとっては保険料の負担が大きくなってしまいます。

ただ、これは大きな流れの中でのことなので泣き言を言っても仕方ありません。できる中で最善の策をうちましょう、少しでも節約したいのであれば、最長の契約期間で保険に加入することです。つまり来年10月を迎える前に、現在の火災保険を解約し、最長10年間契約で火災保険に加入しましょう。契約期間が残っていても、解約した場合は残りの期間分の返金を受け取ることができます。その金額も大きく目減りする心配はありません。

さて、今回の記事はいかがだったでしょうか?実は今回が記事を書き始めて50記事目でした。これから大家やマイホームを考える人にとって有益な発信を続けていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。では、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました